会社概要

働き方改革

リクルート

政府主導の働き方改革に基づき、エアリフグループにおいて、仕事とプライベートの両立を支援するため、多様な社員1人ひとりが十分に能力を発揮するよう労働条件の整備に取り組んでいく。


1.生産性の向上に関する人事評価制度、給与体系の整備

エアリフの評価制度は効率よく働く社員を評価する仕組みであり、社員の貢献度に基づく評価制度を運用しています。そのため 効率よく働くことで残業はせず、休みをしっかり取る人材が優遇されます。

【例 同期入社で同じ仕事のAさんとBさん】

Aさん… 一生懸命工夫して効率よく働いているため残業なしの定時の帰宅
Bさん… 効率を考えずダラダラ働き毎日平均2時間、月約40時間の残業

  A さん B さん
一般的評価 - 月残業代約3万 Bさんの方が3万円手取り額が(多)
エアリフ評価 昇給・賞与プラス査定 昇給・賞与マイナス査定 Aさんの方が5年後 数十万(多)
Aさんの方が10年後 数百万(多)

 

2.柔軟な働き方がしやすい環境整備(ワークスタイルの変革)

各自のワークスタイル、ライフスタイルに合わせて自分で就業時間を選択できる制度や、時差出勤制度短時間勤務制度の見直しをしていく。

【例1 自己の管理に任せて勤務】

本日19時帰宅、明日15時帰宅
オンオフのメリハリを意識した働き方を実現することで、仕事の質や生産性の向上につながり、生み出された時間を有効活用
但し1ヶ月あたりの労働時間
出勤時間×8時間/日を満たす事が前提

【例2 始業時間を変更】

8:00 → 8:30 (今後 9:00 始業を目指す)

 

3.営業職の働き方改革

① 打ち合わせは本題15分+まとめ15分 計30分以内
② メール、写真、SNSを活用し効率UP
③ 出先での空き時間はモバイルPC、スマホを活用し有効利用