地中熱利用システム

エネルギーは創る時代から採る時代へ

空調、冷却設備の省エネに最適!

地中(土の中)は深さ5mから100mまでは、外気温に左右されず一定の温度を保っています。
井戸や湧き水が夏は冷たく、冬は温かく感じられるのは、1年を通じて地中(土の中)の温度が10℃~17℃前後に保たれているからです。この自然の温度を、空調や冷却設備の補助エネルギーとして活用するのが、エアリフの「 地中熱利用システム 」です。
大量の熱を大気に放出している空調や冷却設備に地中熱を利用した場合、大幅な省エネ、CO2の抑制につながります。

地中熱利用システム

地中熱利用システムの導入工程

調査、設計、施工、導入すべてのステップに自社の社員を配した現場一貫管理システムです。各工程をスピーディーに管理し、高品質、高性能な空調、冷凍、冷却、加熱、給湯設備を可能にします。

プロセス1 ヒアリング現地調査

既存の冷却、加熱工程の診断を実施します。

  • 消費電力及び燃料費は高くないか
  • 電力制限で不快な運転をしていないか
  • 冷却、加熱工程が問題なく運転しているか

上記診断実施後、身近な熱エネルギーの活用法として最適な地中熱利用システムをご提案します。

プロセス2 試算書効果測定

御社に最適な地中熱利用システムをご提案します。

  • 省エネで安定した冷却、加熱工程を
    提案できる設計
  • 身近なエネルギーを設計

地中熱利用システムを使用した場合の効果測定と御見積を作成します。

プロセス3. 導入後の効果を測定

地中熱利用システム導入後、熱エネルギーの活用と地中熱利用システムがベスト マッチしているか効果を測定してご報告します。その日から快適な省エネ運転が可能です。


取り組み(ひとつ上の工事)

エアリフグループは価格と付加価値のバランスが取れた 『 ひとつ上の工事 』 を目指しています。
お客様にお届けしたいのは安心・安全という立場から、安いだけで品質の伴わない工事はお金や時間のムダであると考え、高品質な空調機器、実績のあるスタッフによるこだわりのある工事を提供しております。おかげさまで、安心できる品質と質の高い工事は多くのお客様からご好評いただいております。 エアリフグループは「100年先でも問題の発生しない工事」を合言葉に、価格重視ではなく品質のいい工事、 安全、環境に配慮した工事、納得していただける工事を提供することに努め、これからもお客様の要望を満たす品質およびサービスの向上に取り組んでまいります。

研修エアリフグループ
安全大会 (年2回開催)
安全指さし呼称 KY